【身近な恐怖】背後に気配を感じるのはなぜ?その理由と私なりの対処法を解説します。

背後に気配を感じる理由と対処法

こんにちは、ホラー好きWebライターのもちころです。

突然ですが、皆さんは

「シャンプーをしている時に後ろに誰か立っている気がする…。」

「誰もいないのに後ろから視線を感じる…。」

などの『背後から気配を感じる体験』をしたことはありませんか?

誰もいないのに気配や視線を感じると、すごい不安な気持ちになりますよね。

そこで今回は、背後に気配を感じる理由と私なりの対処法をご紹介できればと思います。

背後に気配を感じるのは結構怖いぞ…

怖い話を聞いたり、テレビでホラー特集の番組を見終わった後って、いつもより「誰かに見られている」感が強くなりますよね。

よくあるケースだと、

  • お風呂でシャワーを浴びている時
  • トイレで用を足している時
  • 夜中に薄暗い道を歩いた時

このような場合に「背後に気配を感じる」という方は多いようです。

しかし、人によっては特になにもない時にこの気配を感じる場合もあります。(私はこのパターンです)

では、なぜ誰もいないのに背後から気配を感じるのでしょうか?

以下で詳しい理由を解説していきます。

 

背後に気配を感じる理由は…実は〇〇だった件について

背中に気配を感じる理由は、

に」といわれています。

実は私達人間を含む動物は、凖静電界と呼ばれる微弱な電界が全身を包むように存在しています。

そこから発せられる電波を肌が瞬時にキャッチし、ゾクッとするような寒気を感じたり背後に気配を感じたりするようです。

※ちなみに、気配を感じ取るのは細かい体毛たちです。

要するに、体が勝手に反応しているだけなのでそこまで気にする必要はありません。

この現象について理解し、スルーするのが1番です。

ただし、稀に霊的な気配を感じることも…

ただ、2~3日経ってもずっと背後に気配を感じたり、部屋のものが勝手に動いたり、人の声が聞こえたりする場合は、霊的な存在が近くにいることも考えられます。

もしかしたら、あなたに対して害をも与えようとしている悪霊や生霊なのかもしれません。

霊との距離が徐々に縮まる=害を与えられるということになるので、注意が必要です。

この場合自分一人ではどうしようもないので、お祓いに行くことをおすすめします。

 

【実録】背後に気配を感じた時の私なりの対処法

では、背後に気配を感じた場合は一体どのように対処すればいいのでしょうか?

私自身も何度か経験があるので、いろいろな対処法を実践してきました。

その中でも個人的に「あ、怖くなくなった」という効果的な対処法を2つご紹介していきます。

「背後に気配を感じて怖い…」という場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

明かりをつけて寝る

背後に気配を感じて怖いという場合はとりあえず寝ましょう。

布団に入れば、背中は床に面するので視線や気配も感じにくくなります。(個人差あり)

部屋を暗くすると不安が余計に大きくなってしまうので、明かりはつけたままのほうがいいでしょう。

明かりをつけて寝れば、背後の気配への不安や恐怖を緩和することが出来ます。

一人暮らしで近くに友達や家族がいない、泊まれる場所がないという場合にぜひ試してみてください。

 

オールで起きて何かに熱中する

不安すぎて全然眠れない…という場合はその日だけオールで起きてみるのもいいでしょう。

映画やアニメをぶっ通しで観る(なるべくギャグ系、感動系がおすすめ)、インターネットサーフィンをする、通話アプリで誰かと話す、本を読む、カラオケやネカフェなどに遊びに行く…など何でも構いません。

オールで起きて悠々自適に過ごしていれば、背後の気配に対する不安感や恐怖感は徐々に薄れていきます。

(というより、眠い&遊びすぎて疲れたという気持ちでいっぱいになります。)

 

ライターから一言

今回は、背後に気配を感じる理由や私なりの対処法について解説してきました。

背後に気配を感じる理由は「動物が発する微弱な電気を感じ取ってしまう」というのが主な原因です。

身体が勝手に感じ取っているだけなので、そこまで不安になる必要はありません。

どうしても怖い場合は、上記で紹介した対処法を試してみるといいでしょう。

また、場合によっては幽霊が近くにいることもあります。

不快感を感じたら、お祓いにいくことを検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA