オカルティックな体験談を随時募集中!

闇が深いヴィジュアル系バンド「妃阿甦(ピアス)」について解説するよ!

妃阿甦(ピアス)

出典:https://twitter.com/vr_noru/status/776099122180861952

こんにちは、最果てを極めし妖怪ことたかなし亜妖です。

皆さんは「妃阿甦(ピアス)」というヴィジュアル系バンドをご存知でしょうか?

メジャーなヴィジュアル系バンドといえば、ゴールデンボンバーやシドなどを思い出す方が多いと思いますが、ことオカルトに関しては「妃阿甦(ピアス)」こそがメジャーなのです。

今回は闇が深いヴィジュアル系バンド「妃阿甦(ピアス)」について紹介していきますね。

たかなし亜妖

オカルトネタが好きな方は、是非ご一読ください。

まず、妃阿甦(ピアス)とは?

妃阿甦は北海道発のヴィジュアル系バンドで1990年に結成されました。

当時は、札幌を中心に活動していたことから「札盤(さつばん=札幌で活動するバンドの略)」と呼ばれていたそうです。

ちなみに結成時は「THE PIASS」というバンド名だったのですが、2000年に入ってから「妃阿甦」に改名したと言われています。

結成当初はメンバー全員が髪を赤く染めていたことから、「札幌ビジュアル赤髪軍団」というあだ名がついていたのだとか。

90年代のヴィジュアル系って特に派手な見た目をしていましたから、彼らも負けないくらい目立っていたのでしょう。

普通に見ると一般的なヴィジュアル系バンドなのですが、彼らの恐ろしさは見た目ではありません。

その秘密は、何度も繰り返すメンバーチェンジにありました…。

 

メンバーが次々と死去・失踪!

まず1995年に、初代のボーカルとドラムがPV撮影中に隅田川にて事故死を遂げています。

隅田川で撮影?と聞くと少し妙な感じがしますよね…。(私だけかな?)

ちなみに事故死と言われていますが、詳しい死因はきちんと明かされていません。

1995年の事故死の後、「妃阿甦」の活動は一時休止となります。

しかし、3年後の1998年に初代ベースが自殺。

あくまで1998年某日、と記されているだけで明確な日付は分かっていません。

次から次へと死を遂げる初代メンバー。残っているのは初代のギターのみです。

ここで解散か?と誰もが思ったのですが、なんとベースが亡くなった年に「新生THE PIASS」として生まれ変わったのです。

かつてのメンバーの意思を受け継いでバンドを続投させたのでしょうか。

二代目のメンバーを入れ、活動拠点も札幌から東京へ移行。更に精力的な活動を見せていくのですが…

  • 2002年には二代目ボーカルが失踪
  • 2008年には三代目ボーカルが失踪

その他にも脱退をするメンバーが相次ぎます。

次々と繰り返される脱退と失踪、死亡の輪舞曲(ロンド)。

バンド内で一体何があったのでしょうか。

 

裏社会との繋がりがあった?妃阿甦が所属していた「アナーキストレコード」の闇

妃阿甦はかつてアナーキストレコードという会社に所属しており、どうやら裏社会の人間と繋がりがあったようです。

初代ボーカルとドラムが事故死を遂げた隅田川でのPV撮影ですが、本来「隅田川は撮影禁止」のはず。

なぜそこで撮影したのだろうか…と疑問符を浮かべた方も多いと思います。

事件の詳細についてですが、アナーキストの代表・KENZIを怒らせたことが原因ではないか?と囁かれているのです。

確かに上下関係には厳しい世界ですよV系は。THE PIASS何かはKENZIが何に気に障ったのか知らないけど、ヤクザをつれてメンバーを脅して隅田川で無理やり泳がせて死なせたからね。

引用元:ブイケーデービー

あくまで噂ですので真実は明かされていませんが、初代のギターだけ生存しているのも少し不思議な話にも思えてきます。

他の情報を調べてみても、

  • アナーキストの人間にヤキを入れられていた
  • 失踪したメンバーは借金まみれだった
  • 妃阿甦の機材車には釘バットがある
  • 奴らの主催する対バンイベントには出るな

と、怖い情報がわんさか出てきます。

ファンの間だけではなく、同じヴィジュアル系バンドマンの間でも様々な噂が流れていたようですね。

 

メンバーチェンジを繰り返しながらも、活動を続けていた妃阿甦も2015年頃から動向が見られなくなります。

解散・活動休止を謳ってはいませんが、実質無期限活動停止状態でしょう。

アナーキストレコードも2008年には抜けており、バンドはフリーの状態となっています。

今も尚沈黙を続けている妃阿甦ですが、ある日ひょっこり帰ってくるかもしれません。

少し怖い噂が蔓延していますが、彼らの動きに注目していきたいですね!

 

まとめ:ヴィジュアル系バンドの闇は存在する

今回は、闇が深いヴィジュアル系バンド「妃阿甦(ピアス)」について解説してきました。

度重なる失踪や脱退、死を繰り返す「妃阿甦」ですが、その実態は謎に包まれています。

彼らが残した数奇な逸話は今後も業界で語り継がれていくでしょう。

このようなバンドが今後現れることはあるのか?

引き続きヴィジュアル系バンドの闇にも注目していきたいところですね。

たかなし亜妖

最後までお読みいただきありがとうございました。

次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA