オカルティックな体験談を随時募集中!

平成ネット史の闇「鮫島事件」とは?その全貌を紐解いていく

鮫島事件

こんにちは、怪奇ライターのもちころです!

今回は、2ちゃんねるから発祥した都市伝説「鮫島事件」についてご紹介していきます。

ネットを使っている人なら、誰しもが聞いたことのある都市伝説だと思います。(若い人は知らないかも….。)

  • どんな事件なのか不明
  • 架空の事件
  • 本当のことを言ったら消される

など様々な噂がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

本記事で詳しく解説していくので、都市伝説が好きな方は是非ご一読ください。

もちころ

謎多き都市伝説「鮫島事件」、その真相や如何に…。

2ちゃんねる発祥の都市伝説「鮫島事件」とは?

鮫島事件とは、2ちゃんねるから発祥した都市伝説のことを指します。

ことの発端は、2001年に2ちゃんねる(ラウンジ版)にてあるユーザーが下記のような書き込みをしたことから始まります。

「ラウンジで有名だった、鮫島スレについて語る。俺自身もあのスレを見てビビった。鮫島スレを保存している人っていない?(意訳)」

このような書き込みが行われたことから、「鮫島スレとは何なのか」「どんな内容だったのか」と興味を抱いた人が集まり、結果として今もなお語り継がれる都市伝説になったのです。

しかし、肝心の「鮫島事件とは何なのか」という部分は未だに不明となっており、ネットユーザーの中には「聞いたら最後、とんでもないことになる」「事件の内容を隠蔽している」など様々な憶測が飛び交っています。

そのため、鮫島事件の内容は今も明かされていないのです。

 

「鮫島事件」の真相とは?ジョーク説や陰謀論という話も

鮫島事件は、内容の不明確さから様々な説が飛び交っています。

その中でも一番有力視されているのが、「単なるジョーク(釣り)だった」という説です。

「実際には存在しない架空の事件に関するスレを立てることで、他ユーザーの興味を煽るのが目的だったのではないか?」と度々言及されています。

その他、「本当は実在した事件だが公安が圧をかけていて表に公表されていない」「鮫島事件の内容を知ってしまうと消される」など様々な説も存在します。

確実に存在しない事件である…と断言できないのが、鮫島事件の大きな特徴でもあります。

このように謎めいた魅力を持っているため、今もなおネット世界の都市伝説として囁かれているのです。

 

鮫島事件とよく似た怪談「牛の首」について

実は、鮫島事件と似ている「牛の首」という怪談話もあります。

あまりテレビなどでも取り上げられないので、ほとんどの人はご存知ないと思います。

そんな人のために「牛の首」について簡単にご紹介しておくと、

「この話を聞いたものは今まで感じたことがない恐怖を味わい、最終的には死んでしまう。この怪談の内容を知るものはとうの昔に死んでしまったため、それがどんな内容だったかは誰も知らない」というお話です。

鮫島事件と非常に似た性質を持っており、下記のような共通点があります。

  • 「内容を知ってはいけない」というタブーじみた風潮がある
  • 話の内容はかなり恐ろしい(らしい)
  • 噂そのものが独り歩きをして、今もなお語り継がれている

「牛の首」に関しては、いつ頃から発祥したのかは不明となっています。

(噂では「古くから伝わる都市伝説」とされていますが、その話が語られたのはいつなのかという情報が乏しいため不明とさせていただきます)

形骸化した噂が勝手に独り歩きを始め、様々な尾ひれがついて都市伝説として語り継がれる…。

「牛の首」と「鮫島事件」には、このような共通点があります。

人の噂が原動力となっているみたいで、なんだかちょっと不気味ですね…。

 

まとめ:「鮫島事件」は人の噂が一人歩きしたような都市伝説

今回は、2ちゃんねる発祥の都市伝説「鮫島事件」についてご紹介していきました。

▼その概要は下記の通りです。

  • 鮫島事件は2ちゃんねる(ラウンジ版)にて発祥した噂
  • どんな事件内容かは不明
  • ジョーク説、陰謀説など様々な説が囁かれている
  • ネット上では半ばタブーとして扱われている

 

鮫島事件は、人の噂に尾ひれがついた結果大きく騒がれるようになったタイプの都市伝説です。

噂に尾ひれをつけて、一人歩きをさせる人間のほうが怖いと感じるのは私だけでしょうか…。

鮫島事件がどんな話なのか知りたい、という方はぜひ今回の記事を参考にしてもらえればと思います。

もちころ

個人的には鮫島事件よりも、噂を一人歩きさせ都市伝説化してしまう人間の方が怖いですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA