恋愛に悩む人・占い好きにおすすめしたい!電話占いサイト3選

【ネタバレ少々】ホラー映画マニアが『犬鳴村』を観てきたので感想・レビュー!

犬鳴村 鑑賞レポート

こんにちは、ホラー映画マニアのたかなし亜妖です。

先日、待ちに待った映画『犬鳴村』が公開されましたね!

ジャパニーズホラーの名作『呪怨』で有名な清水崇監督が指揮していることもあり、私が行った劇場はほぼ満席という状態でした。

本記事では、ホラー映画マニアのワタクシが『犬鳴村』を徹底レビューしていきます。

映画『犬鳴村』に興味がある方は、是非ご一読ください〜!

たかなし亜妖

この記事以外にも、犬鳴村の記事をいくつか執筆してきました。

お時間が許す方は下記の記事も一緒にご覧ください!

犬鳴村地図に載らない最凶の心霊スポット「犬鳴村 ( 犬鳴峠 )」とは?ヤバい伝説・事件の数々…。 映画『犬鳴村』【日本のタブー】映画『犬鳴村』の見所・あらすじは?見逃せない戦慄がそこにはある!

映画『犬鳴村』のあらすじ

犬鳴村 ストーリー

冒頭はカップルがネット配信の撮影をしているシーンから始まります。

場所は勿論、心霊スポットで有名な犬鳴村。

彼氏の悠真は完全にビビっていますが、彼女の明菜はノリノリのご様子。

しかし、突然心霊現象に見舞われててんやわんやしてしまいます。

犬鳴村から帰ってきた明菜は精神に異常をきたし、奇妙な行動が目立ち始めるのでした。

恐ろしくなっ悠真は妹の奏に相談。

しかし明菜はその後、目を離した隙に飛び降り自殺をしてしまいます。

「犬鳴村」の名前を出すと怒り出す父、次々と亡くなる人々、そして犬鳴トンネル内で行方不明となる者…。

全ての真実を明かすべく、奏は立ち上がります。

そして一人で犬鳴村へと向かうのでした…!

犬鳴村の予告映像

 

『犬鳴村』ってどのくらい怖いの?個人的には星2つ(★★☆☆☆)くらい

犬鳴村 さいきょうの布陣

犬鳴村が公開されると知ったのは2018年。

ワタクシは2年前からずっーと楽しみに待っておりました。

これだけ有名なお話にも関わらず、今まで犬鳴村についての作品って見かけなかったんですよね。

恐ろしい都市伝説が出回る中、「どれだけ怖いのだろう!」と期待に胸を膨らませて行きましたが…

恐怖レベルは星2つ(★★☆☆☆)程度でした!!!

つまり、個人的にはちょっと物足りなかったわけです( ;∀;)笑

恐らく普段からホラー映画を見ていない方からすれば、怖い作品に仕上がっていたかもしれません。

しかし、根っからのホラー好きである私からすると「思いのほか怖くなかった」というのが正直な感想です。

年齢制限もない作品ですので、恐怖度は全体的に甘めとなっています。

とは言いつつも、所々に脅かし要素やじんわり怖いシーンが用意されているので結構ドキドキしましたね!

上記の方が述べるように、ボンヤリと怖がらせる仕掛けが多々ある作品でした。

「ドバーン」とわかりやすく怖がらせるシーンは少ないので、ホラー映画というより「ミステリー要素のあるホラー映画」という印象がありますね。

 

巷で噂されている「都市伝説」も軽く本編に盛り込まれていた

犬鳴村

犬鳴村と言えば、様々な噂が出回っていますよね。

いくつか例を挙げますと、

  • カップルが面白半分で訪れたら襲われた
  • 村人は尋常じゃないくらい足が早い
  • スマホ等の電波が通じない

などがありますが、作中では都市伝説を少しアレンジした形で使っていたりしました。

冒頭のカップルが撮影に行くシーンは、恐らく「カップルが面白半分で~」のエピソードにあたるでしょう。

噂を取り入れつつ、アレンジも入れつつ、しっかり物語をまとめあげています。

そのため事前知識はあった方が楽しめると感じました。

まだ観ていない方は犬鳴村について学んでから行くのをおすすめしますよ!

 

『犬鳴村』の総評は?個人的には星3つ(★★★☆☆)!

映画『犬鳴村』

様々な話題を呼んだ映画『犬鳴村』。

たかなし亜妖の総評としましては、星3つ(★★★☆☆)の評価でした!

あくまで個人的な感想ですが、もっと怖い作品にして欲しかったです。( ;∀;)笑

年齢制限がない為、流血表現やエグめのシーンがほとんどありませんでした。(精神的にウッとなる部分はあるけども…)

また、ホラー映画を見慣れている側としましては、心霊達がチープに思えてしまったのです。

鑑賞後は「怖さに勢いのない作品だなぁ」と感じたので、ホラー好きの方には少々物足りない作品かもしれません。

ただ、ホラーが苦手!という方にはおすすめな作品で、お友達と一緒に観やすい映画だなと感じました。

たかなし亜妖

犬鳴トンネルや村の雰囲気は、セットとは思えないくらいのリアルさ・薄気味悪さがありましたね。。。

 

まとめ:映画『犬鳴村』はホラー初心者でも観られる映画だった!

本記事では、映画『犬鳴村』についてつらつらと述べてきました。

久しぶりの邦画ホラーだったので、鑑賞中はドキドキしっぱなしですごく楽しかったです。

洋画にはないじっとりとした空気感がたまらないので、気になっている方はぜひ映画館へ足を運んでみて下さい!

たかなし亜妖

2020年の夏にはゲーム化が決定しているそうですよ。(これは楽しみ…!)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

また面白い映画があれば、逐次レビューしていきますね!

以上、たかなし亜妖でした。

 

▼『犬鳴村』公式サイト
https://www.inunaki-movie.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA