地図に載らない最凶の心霊スポット「犬鳴村 ( 犬鳴峠 )」とは?ヤバい伝説・事件の数々…。

犬鳴村

皆さんこんにちは。

台風の中、間違って人間界へきてしまった亜妖です。(ヤメトケバヨカッタ)

今回はオカルトマニアならよく知っているであろう、「犬鳴村」という恐ろしい村について解説します。

読み方は「いぬなきむら」。一体どんな村なのでしょうか?

最後まで心してご覧下さいませ。

犬鳴村ってどこにあるの?

犬鳴村は、福岡県宮若市にある犬鳴峠のトンネル先にあると言われており、地図上には存在しない村です。

犬鳴峠には「旧犬鳴トンネル」と「新犬鳴トンネル」がありますが、村の噂があるのは旧トンネルの方なんだとか。

犬鳴村にまつわるアヤシイ噂は、新トンネルが開通した1975年あたりから流れ始めたそうです。

現在、旧犬鳴トンネルは悲惨な事故が相次ぎ、閉鎖されています。

そんないわく付きのトンネル先に村があるなんて……想像するだけでチビっちゃいますよね。

霊感のない人間でさえ嫌な空気を感じてしまうほど、超危険な心霊スポットなのです。

MEMO

犬鳴峠がある「犬鳴」という地域の人口は、2015年時点で0人。

この時点でなんだかヤバそうな雰囲気が漂っていますね…。

 

二度と帰って来られない?犬鳴村に行ってはいけない3つの理由

犬鳴村は足を踏み入れてはならない土地と言われています。

その理由を1つずつ解説していくので、しっかりと心に留めておいてくださいね。

理由①:スマホが圏外になる

犬鳴村では心霊スポットでよく起こる、スマホが圏外になる現象が起きるそうです。

話によると、村に入る直前から電波が不安定になってしまうのだとか。

ここで「ポケットWi-Fiあるから大丈夫♪」なんてアホな考えはやめましょう。

犬鳴村には思念の強い霊が多数存在すると言われているので、近くを訪れる時は細心の注意を払いましょう。

 

理由②:村人に見つかれば命の保証はない

村人と言ってもどうぶ〇の森の住人のような穏やかさはゼロ。

部外者を酷く嫌い、侵入者は容赦なく斧や鎌で襲ってくるのだそうです。

しかも足は異常に早く、一般の人間なら100%逃げられないと言われています。

実際に村へ足を踏み入れてしまったカップルが襲われ、殺された噂も流れているほど。

村の入り口には何重にも仕掛けが施されており、侵入したらすぐ気づかれてしまうのだとか。

村人に見つかれば、命の保証はありません。

そのカップルはセダンの車で訪れたらしいのですが、今でもボロボロになったセダンが村の中に置いてあるのだそう。

電波もかなり不安定なので、助けを呼ぶのも困難を極めます。

そこの住人は、村へ着いた途端、ニコニコ借金を背負わせてくるタヌキ以上の怖さがありますよ。

(常に容赦なく金を回収しに来るなんて、人間より怖い…)

 

理由③:日本国憲法が適用されない地域

この村は日本国憲法が適用されません。

村の入り口に「この先、日本国憲法は通用せず」という立て看板が設置されています。

無法地帯ということはつまり、殺されても傷つけられても文句は言えないということ。

先程例に挙げたカップルも、面白半分で村へ侵入してしまったために被害に遭ってしまったのです。

噂によると、村の近くにコンビニがあるらしいのですが、そちらの電話は警察につながらないんだとか……。

村人、またその付近の住人は全員グルなのでしょうか?

謎は深まるばかりです。

 

なぜ、犬鳴村の住人は閉鎖的なのか?

部外者を一切受け付けない村人たちですが、それは過去に受けた激しい差別・迫害によるものと推測されています。

その悲しい歴史から、外部との交流を全てシャットアウトしてるんだとか。

生活は全て自給自足、そして外部の人間を取り入れないため、近親交配を続けながら暮らしているそうです。

激しい差別・迫害から人間不信に陥ってしまったのでしょう。

人々の偏見の目がこうした現象へ繋がってしまうのだから、何とも恐ろしい話ですね。

 

2020年には『犬鳴村』の映画化が決定!監督はホラー映画の巨匠:清水崇

犬鳴村 映画

(C)2020「犬鳴村」製作委員会

怖いけどついつい気になってしまう犬鳴村ですが、2020年には映画化も決定しています。

監督は「呪怨」「もうひとりいる」「富江」といった多くのホラー作品を手掛けた清水崇監督。

公開前から大きな期待が寄せられ、世界中の映画会社からオファーを受けている程の注目っぷり。

鑑賞前に「犬鳴村」の予備知識を入れておくと、映画も思い切り楽しめるはずです。

本記事をきっかけに、犬鳴村の持つ毒々しい世界観にぜひ触れてみてくださいね。

来年の公開が本当に楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA