オカルティックな体験談を随時募集中!

シャイニングの続編『ドクター・スリープ』を観てきた感想!【ネタバレ少々】

ドクター・スリープ

皆さんあけましておめでとうございます!

たかなし亜妖です。

2020年も様々なホラー映画が観られることを楽しみにしております。

さて、今回は以前紹介した『シャイニング』の完結編にあたる『ドクター・スリープ』をレビュー致しますよ。

本作に興味がある方は、是非ご一読ください!

『ドクター・スリープ』はシャイニングの40年後を描いた作品

シャイニング1

本作『ドクタースリープ』は、前作『シャイニング』の40年後の世界を描いています。

そのため、前作を観ていないと話が理解できないのでご注意ください。

たかなし亜妖

ワタクシの隣の席にいたカップルは「これ何かの続編?わかんないんだけど」と不満を漏らしていました…。

上映中ですよ( ;∀;)?笑

本作の主人公は、前作でまだ5歳だったダニー。

すっかり大人になり、父親のジャックと同じくアルコール依存症に陥っています。

生活は荒れ果て、まるで父親の後姿を追ってしまっているよう…。

それもこれも、前作でジャックに殺されかけたことを今でも引きずっているからです。

なんとか生活を立て直そうと努力している最中に、少女・アブラと知り合います。

彼女もまた、ダニーと同じシャイニングを持った人間でした。

このアブラとの出会いが、ダニーの荒れた生活を変えるきっかけとなっていくのです。

 

『シャイニング』での名シーンが炸裂!

気になるストーリーですが、前作『シャイニング』とは大きく異なっていた印象です。

前作は狂気に満ちていくジャック、逃げ回るウェンディとダニー、次々と摩訶不思議な現象が起こるホテル…というように、スリラー要素が非常に強かったと思いますが、

今作はどちらかというとホラー要素強め。

人間の狂気がどうこうではなく、視覚的に驚かせてくるようなシーンが多くなっています。

ドキドキハラハラする場面も多いのですが、「じわり、じわり」な雰囲気ではなく少しばかり大味になったかなぁと。

しかし、前作の名シーンが所々に散りばめられていて、スクリーンで見ると謎の感動があります。笑

 

みんな大好きオーバールック・ホテルも登場し、あの双子ちゃん達ももちろん健在です!

ちなみに幼少期のダニー、ウェンディ、双子ちゃん、ジャック等出演者は変わっていますよ~。

個人的には双子ちゃん押しですが、いつの時代もキュートですね~!

 

人間の生気を奪って生きるモンスターの存在

今作の特徴として、人間の形をした謎の生物が「生気」を奪って存在しています。

生きている人間が苦痛を味わえば味わうほど、素晴らしい生気となる。

そういった理由から、奴らは大人も子供も関係なしに人間を痛めつけます。

中でも幼い少年が痛めつけられるシーンは残酷で、思わず目を覆いたくなるほど。

生気を食事として生きるモンスター達の残虐さは、本作の見所の一つとなっています。

 

賛否が分かれる『ドクター・スリープ』

『ドクター・スリープ』の口コミを調べてみると、かなり賛否両論あります。

結局のところ面白いのか?という点は、誰もが気になっていますよね。

ワタクシたかなし亜妖の意見としましては、

「シャイニングと別物と思えば面白い」という感じです。

前作と全く同じノリ・雰囲気だ!と思って観ると、期待を裏切ってしまう作品かもしれません。

先程も述べましたが、やはり全体的に大味。

鑑賞前までは全編オーバールックホテルがメインの舞台だと思っていましたが、実は違うんです。

「人間でない存在」が登場することにより、ややバトルチックな作品に仕上がっています。

その設定で大味感が出てしまったのかしら…という印象がありますね。

ただ、それによりホラー感が強まり、前作と違った世界感が味わえるという見方もできます。

キューブリック(監督)作品をこよなく愛す人、前作のイメージをそのまま保ちたい人からは厳しい意見が出るかもしれません。

「新しいシャイニング」「現代のシャイニング」「また違った世界」「ホラー要素を楽しむ映画」と思う分には、十分な作品だと感じましたね。

 

まとめ:『シャイニング』を観た方は『ドクター・スリープ』もぜひ観てみよう!

ドクター・スリープ

賛否両論はあれど、『シャイニング』を観たのなら『ドクタースリープ』も一度観ておくべきだと感じました。

ストーリーの完結は少し寂しく感じますが、個人的にはエンディングのシーンが良かったです。

小説には映画版に盛り込まれていない設定もあったりするので、ご鑑賞後は小説と読み比べてみるのもおすすめです!

ちょっぴり不思議なスティーブン・キングの世界。

本作・前作を観ていない方は、この機会にぜひ触れてみてはいかがでしょうか?

▼『ドクタースリープ』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/doctor-sleep/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA