オカルティックな体験談を随時募集中!

【悲しい実話】事故物件で起きた愛犬の変死事件について。「新之助、また会おうね!」

横たわる犬

皆さん、こんにちは。

今はモルモット2匹を溺愛している萌子です。

皆さんはペットと暮らしていらっしゃいますか?

YESの方はもちろん分かってらっしゃるとは思いますが、ペットは家族と言われる程かけがえの無い存在だったりします。

今回はそんな愛犬にまつわる悲しい体験談をお話していきます。

▼こちらの記事で取り上げた「神奈川県横須賀市の某一軒家」で起きた事件なので、興味がある方は一緒にどうぞ。

事故物件ベスト5【関東編】【恐怖体験】私が住んだ最恐の事故物件ベスト5をご紹介。【関東編】
注意

一部ショッキングな内容を含みますので、気分を害されないようご注意ください。

我が家の愛犬シェットランド「新之助」について

シェットランド

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0

小学3年生の頃、引っ越してすぐに新之助は我が家にやってきました。

犬を飼い始めた理由は、布団の中から足を引っ張られる、顔の爛れた兵隊の霊や付近の中学で自殺した女子の霊が出るなどの恐怖体験が多かったからです。

家に動物がいると良いと言われており、現在もネットでは

  • 猫と同じ部屋で寝れば低級霊が寄ってこない
  • ペットと飼い主の絆が強ければ悪霊から守ってもらえる
  • 動物の吠える、噛み付くなどの物理攻撃が効く

などと噂されています。

そんな中であまりに心霊現象の多かった我が家は、知り合いのブリーダーさんから犬を譲って貰うことにしました。

シェットランド・シープドッグでキリッとした賢そうな子です。

実際にとても賢く、トイレもお散歩に行くと2度回って排泄を教えてくれたり、お手やおかわりもすぐに覚えてくれました。

また、歩く姿も軽快で優雅と我が家のアイドルとなるにはあっと言う間。

新之助という名前は当時とても人気だったアニメ「クレヨンしんちゃん」からと暴れん坊将軍の吉宗公が世を忍ぶ仮の姿の時の名前「徳田新之助」から取りました。笑

クレヨンしんちゃんに関する記事もオカルティーにはあるので、お時間が許す方は是非ご覧ください!

クレヨンしんちゃん都市伝説【謎に満ちたアニメ】クレヨンしんちゃんの都市伝説まとめ!怖い噂や裏設定を詳しく解説。

 

突然やって来た、新之助との永遠の別れ海の見えるお墓

ある夏の日、学校から帰るといつもは尻尾を振って出迎えてくれるはずの新之助が庭の小屋の前で寝ており、タオルが掛けられていました。

私の姿を見つけた母の目が腫れていて、私に抱きついて泣き崩れたのです。

「新之助が、死んじゃった」

そう聞き取れた瞬間、真夏なのに血の気が引いて震えが止まりませんでした。

母が買い物に行っている30分の間に、何者かに毒殺されたようで、タオルをめくり顔を見ると口からは血と泡を噴いていました。

犯人はその後判明しましたが、諸事情により事件にはしませんでした。

私は吐くほどに泣きじゃくり、新之助を殺した犯人を酷く恨んだのです。

母はいつもより買い物に行く時間が遅かった、いつも通り午前中に買い物に行っていればと自分を責めましたが父も私も母のせいではないと慰める夜を過ごしました。

 

霊感の強い母が目撃した新之助の来訪

セーブルシェットランド

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0

翌日、火葬をし許可を得てとある景色の良い場所に新之助の骨を埋めることに。

その晩、母と一緒の布団に入って寝たのですが、何故だかあまり眠れませんでした。

母も眠れずにいて、午前3時になろうとしていた時です。

霊感の強い母が「新之助だ!新之助が来た!」と泣き出しました。

私には姿はハッキリと見えては居ませんでしたが、そこだけ薄ぼんやりと明るかったのだけは分かります。

母は「新之助ともう1匹ワンちゃんがいる。心配するなって、決めポーズしてる。」と言うのです。

翌日、ブリーダーさんに新之助の死を伝え、変な話をするけどもと母が今朝方の話をすると

ブリーダーさんも「それ、新之助のお父さん犬よ」と泣き崩れてしまいました。

慎之介はいわゆる一般的なヘテロセーブルという毛色のシェットランドでしたが、お父さんの方はブルーマールという銀色混じりの毛並みだったそうです。

母にはそれが見えており、まるでドックショーの表彰式のような堂々とした、誇らしげな姿だったと言っていました。

私が学校で嫌なことがあって帰るとキリッとした顔で寄り添ってくれていた優しい新之助は、亡くなってからも優しい子でした。

 

まとめ:ペットは死んでも家族。天国から見守ってくれている

ペットは亡くなってからも、きっとあなたを見守ってくれているはずです。

あまり泣いていたり、落ち込んでいたりすると心配で仕方なくなってしまいます。

大切なあの子と過ごした思い出を大切に、笑顔で生きていきましょう。

萌子

新之助、また会う日まで待っててね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA