【警告】西洋レイキヒーラーの『身体を透視して病気を発見』は、全てインチキですよ。

西洋レーキヒーラーからの警告

『身体の中を透視して、病気を発見します』

『抗がん剤を使わない治療○○療法!』

たまにインターネットで見かけますが、それって本当なのでしょうか?

西洋レイキのマスターである私から言わせると、はっきり言って”インチキ”としか思えません。

【霊能力やナントカパワーで病気を発見、治療・完治します】

それを謳っている霊能力者やヒーラーには、近づかないことをおすすめします。

 

最近よく聞く『民間療法』『ホメオパシー』って

抗がん剤を使わないなど、薬を全く使わない療法には賛否両論あります。

たしかに、民間療法でガンを克服した事例はありますが、治療はそれが全てではありません。

民間療法については、それが全て治るとは限らない。

投薬ではなく『ホメオパシー』については、日本は《健康食品》扱いです。

それはつまり、サプリメントと同じ位置なんです。

医師でも賛否両論あるので、医師と相談してから使うもよし、反対されても信用するなら使ってもいい。

日本では健康食品だから、それは自由。

あとは、筆者自身が『ホメオパシー』を使って症状を克服した経験があるので、一概には良し悪しは言い切れない、それが実状です。

はっきりと分かりやすく言えば、民間療法やホメオパシーは『当たり外れがある』という事です。

合う人は抜群に効く、だけど効かない人には全く効かない。

ホメオパシーについては、まだまだ不勉強な点があるので別の機会にリベンジします。

 

言い切ったのには理由がある「自分や家族の体でも、分からない!」

何故「インチキ」と言い切れるのか、それを説明していきます。

まず私たちレイキヒーラーは、自分自身の身体をセルフヒーリングで観る事があります。

それでも、大体の事しかわかりません。

首を傾げて、そんな大きな病気じゃないけど、健康診断のお知らせがあるついでに診てもらおう、見方が特殊だけで一般人と変わりません。

どういう病気でどんな治療をした方が良いのか、それを決めるのは医者の仕事です。

おかしいと思ったら、すぐに病院で検査を受けるようにしています。

 

もう一つの根拠は、私の父親が会社の診断検査で『ガン』と診断された実体験にあります。

更に、発見された時は『ステージ4』。実際に開腹手術をしないと何とも言えない状況でした。

医師からは、「最善を尽くしますが、インオペ(手術不可能、開腹したがそのまま切った箇所を縫う)も覚悟してください。」と言われました。

西洋レイキのマスターである私が一緒に住んでいたのにも関わらず、父親の病気に関して全く気づくことができませんでした。

こんなに近くにいる家族の病気さえ分からないのに、身体の中を透視するなんて出来るわけがない!

父は運良く手術が成功し、以前ご縁があった土地で悠々自適な生活を送っています。

治療の成果があって、余命宣告以上に生きています。

手術後の父は、ドス黒いエネルギーが体を包んでいて、一緒に居るだけで具合が悪くなってしまう状態でした。

後日、ガンの摘出手術を受けたレイキヒーラーの友人から「悪性腫瘍って元々は普通の細胞だったものが変化するからね。」という説明を受け、ものすごく腑に落ちました。

その方に聞いても、「手術で身体を開いて見るまでは、自分の体に何が起こっているのか何てわからない」という答えが帰って来ました。

 

霊能力者に相談する前に、とっとと『医師に行きなさい!』

手術が必要ない病気のケースはどうなのか?

それも、決して霊能力者に相談してはいけません。

もし相談してしまった場合でも、病院でしっかりと診断を受けてください。

サーチエンジンを駆使して症状や病名を調べることも重要です。

レイキヒーラーはいい意味で『第三者』となって、血液検査はしたのか、医師の診断はどうなのか、これは一時的な症状なのか、などを徹底的に調べます。

根本的な問題が見えていない時は、症状が治まるか、些細でも病名がはっきりした方が相手は落ち着くのを知っているからです。

病院に通院してお互いに必要性を感じたら、ヒーラーは心の安定をメインにエネルギーを送ります。

まずは落ち着く事が大事だと、今までの経験で心得ているからです。

 

急に自分自身が「アレルギー体質」になっても、分からないものは分からない!

私を例にして数年前に起こった話をしましょう。

食べ物を食べると吐いてしまう症状が一ヶ月以上続き、病院で何度も血液検査を受けました。

しかし異常なし、でも食べると吐き気がする。

毎日その症状は続いて食事そのものが苦痛になる。

食べても数時間後にはトイレで胃が空っぽになるまで吐かないと症状が治らない。

突然起こっただけに、心当たりが全くわかりませんでした。

これほどの苦痛は、初めてでした。一生点滴で暮らすのか?もう食べられないのかもしれない。

食べたものを書き出しても、全く共通点がない。

食物アレルギーじゃないのか?

更に細かく、食品の製造ラインに共通点を見つけ、卵アレルギー症状の疑いが出て来ました。

もう一度食物アレルギーメインの検査を受けた結果、微妙ですが数値が高い『軽度の卵アレルギー』と診断されました。

霊感があっても無くても、これは「観察眼と絞り込みの勝利」と医師に言われ褒められました。

 

病気には『口コミで良い医者』を探しましょう!

ちなみに、病名がはっきり分かっても、ちゃんと病院に頼ってください。

病院の治療と並行するのであれば、力になってくれる良心的なヒーラーの方もいます。

どんなに医療が進んでも、身体のスペアは一つもありません。

あなたの大事な身体をインチキ霊能力者に委ねても良いのですか?

腕がいい医師に相談した方が、最も利口で、確実な方法です。

【霊能力やナントカパワーで病気を発見、治療・完治します】

こんな人を見かけたら気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA