【怖いお人形】リビングデッド・ドールズ (LDD)とは?不気味でかわいいその魅力を解説します。

リビングデッド・ドールズ (LDD)

最果てを極めし妖怪・たかなし亜妖です。

皆様はリビングデッドドールズ(通称LDD・リビデ)をご存知ですか?

コワイモノ好きにはたまらない、「生ける屍」をモチーフにした、海外発のお人形さんなんです。

可愛い可愛いウチの子も紹介しちゃいますので、共に見ていきましょう。

アメリカ発!こわ〜いお顔のリビングデッド・ドールズ(LDD)たち

LDDは人形、フィギュア等を扱っているメズコ社から発売されています。

棺桶型の箱に入っていて、皆さんのお迎えを今か今かと待っているんですよ。

見た目のインパクトも申し分ありませんが、それ以上に凝った仕掛けがあるのです。

なんとそれは、一体一体に必ず「死因証明書」が添付されていること!

彼らはどうして亡くなってしまったのか…。

その理由がこの紙に全て書かれています。

自殺や他殺、事故や病死など原因は様々。中には状態不明の子もいます。

人形達の悲痛な表情から、凄まじい過去が想像できるでしょう…。

死因によってはドールの目が抉れていたり、お顔が血にまみれていたりと恐ろしい事この上なし。

ですがオカルト・ホラー好きにはそれがたまらないですよね。

ちなみに血や傷跡は手書きであるため、個体差があるんだとか。

とても丁寧に作られており、メズコ社さんの愛を感じます。

けれど夜目が合うと結構コワイので、お迎えの際は慎重に。

 

リビングデッド・ドールズは、あの人気作品とも続々コラボ中!(シャイニング、SAW、It、死霊館など)

そんな大人気のLDDは、有名作品とのコラボを積極的に行っています。

スタンリー・キューブリック監督の手掛けた「シャイニング」に出てくる、あのアヤシイ双子ちゃんも発売されました。

なんとこちらは音声ギミック内蔵とのこと!

それにしても本当に映画に出てくる双子ちゃんそっくりで、突然目の前に現れそうですね。

気付いた時には血の海の幻覚が見えているのかもしれません。(ブルブル)

 

そしてみんな大好き(?)、SAWでお馴染みのビリー人形!

ほっぺのグルグルから素材の質感まで、細か~く作られていますね。

作中にも出てくるように、ドール用の自転車に乗せてあげるのもいいかもしれません。

その時は爆発させちゃだめですよ。

その他にも「It」のペニーワイズ、「死霊館」のザ・ナン等もコラボしています。

ザ・ナンは怖すぎて、亜妖ちゃんはチビりそうです。

 

たかなし家のリビングデッド・ドールズを大公開!

はい、我が家にも可愛い可愛いLDDちゃんがいます。

名前は「Vesper(ヴェスパー)」。

2018年のハロウィンに発売された女の子です。

ちなみにうちの子はアジア限定の白いヘアカラーで、USA限定はオレンジのヘアカラーだとか。

先程載せていた死亡証明書はVesperのものなのですが、いかせんアホなワタクシは全く解読できませんでした。

しかし臆することはありません!

LDDファンは沢山国内にもいるので、ちゃんと和訳されているサイトが存在するのです。

そこで我が家のVesperが亡くなった理由を調べてみました。

ヴェスパーは日中ずっと静かに横たわる

外に出て遊べたなら、とよく考えていた

彼女は静かに抜け出し 自分で道を切り開こうとした

だけどすぐに太陽は恐るべきものだと知った

Living Dead Dolls @ウィキより引用

「……は?」と思われそうですが。

どうやら「Vesper」という名前の意味は「宵闇」だそうなので、太陽の下に出てはならない子のようです。

彼女は闇の世界の住人なのでしょうか。

人形一体一体の背景に深いドラマが込められているのも魅力の一つ。

飾るもよし、お写真を撮りに外へ連れ出すのも良し(Vesperは連れて行けませんが)、夜中見つめ合うのも良し……?

このドールが気になってしょうがないあなたは、もうLDDの虜。

生ける屍との生活を、どうぞお楽しみ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA