恋愛に悩む人・占い好きにおすすめしたい!電話占いサイト3選

妖怪マニアが厳選!妖怪をテーマにした曲を持つおすすめアーティスト5選+α

妖怪をテーマにした曲を持つおすすめアーティスト5選+α

皆さん、こんにちは。

今日も今日とて妖怪LOVEな萌子です!

さて以前にオススメの妖怪マンガをご紹介させて頂きましたが、今回は妖怪の曲を発表しているバンド+作曲家を紹介して行こうと思います。

萌子

妖怪好きの皆さんのお気に入りバンドが見つかりますように!

妖怪系おすすめバンド①:人間椅子(にんげんいす)

1987年、青森県弘前市出身の和嶋慎治と鈴木研一によって結成された現在3ピースのロックバンドです。

白髭を蓄えた和装のベースボーカルの和嶋慎治さん、白塗りの怪僧姿のベース鈴木研一さん、リーゼントに鯉口シャツのナカジマノブさんはそれぞれ日本文学やホラーやミステリー、妖怪などの愛好家として知られています。

バンド名も江戸川乱歩の小説から取られているほとです。

70年代ブリティッシュ・ハードロックのサウンドに、日本語・津軽弁での歌唱、怪奇をテーマとした世界観の歌詞をのせた、独特の音楽性と世界観は一度聴くと耳に残り離れません。

オススメの妖怪曲は、「なまはげ」「雪女」「人面瘡」など。

萌子

その他にも「針の山」「晒し首」「あやかしの鼓」など気になる曲が盛り沢山です!

 

妖怪系おすすめバンド②:陰陽座(おんみょうざ)

彼らのテーマが既に「妖怪ヘヴィメタルバンド」という根っからの妖怪好き。

1999年に大阪で、瞬火・黒猫・招鬼・狩姦によって結成されたバンドで、メンバーの名前はすべて猫関連にもなっています。

王道的ヘヴィメタルに影響を受けた洋のサウンドに、古雅な日本語・伊予弁による歌詞、妖怪をメインとした和の世界観を融合させた独特の音楽性が特徴。

「甲賀忍法帖」で一躍世に出たバンドですが、日本のメタル好きや妖怪好きにはかなり認識されているバンドです。

楽曲の中には、京極夏彦氏、夢枕獏氏、手塚治虫氏、山田風太郎氏などの小説をテーマにした作品もあり、多彩さを楽しめます。

ヘヴィメタルのみならず、美しいバラードや民謡・演歌調などの曲もあり、女性ボーカルの黒猫さんの歌唱力は日本国内の女性ボーカルの中でもトップクラスと言っても過言ではありません。

オススメの妖怪曲は「百の鬼が夜を行く」「塗り壁」「組曲九尾」「鵺(ぬえ)」「泥田坊(どろたぼう)」など。

萌子

私もライブでカバーするほど好きなバンドで、特に初期のドロリとした土臭い妖怪曲はたまりません!

 

妖怪系おすすめバンド③:己龍(きりゅう)

己龍は日本のヴィジュアル系ロックバンドで、「和製ホラー」と「痛絶ノスタルジック」をコンセプトに数々の妖怪曲を世に生み出しています。

ビジュアル系ながらも演奏力は高く、特にドラムがしっかりとこのバンドを支えていて安定感抜群です。

またYouTubeではさまざまな面白い企画動画を投稿しており、すごく気の良いお兄ちゃん達といった印象なのでビジュアル系の印象が変わるかもしれません(笑)

そんな彼らもPVでは煌びやかな衣装とホラー要素が相まって、見終わった頃には感嘆のため息が漏れます。

オススメの妖怪曲は「九尾」「百鬼夜行」「化猫」「野箆坊(のっぺらぼう)」など。

萌子

ビジュアル系?と敬遠せずに1度は聴いてみて欲しいバンドです!

 

妖怪系おすすめバンド④:筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)

1982年に結成され、現在も活動中のロックバンド。

死生観や輪廻転生、狂気や妄想、B級ホラー映画、実際にあったUFOに誘拐されたというヒル夫妻が証言した宇宙人の出身地をテーマにした楽曲などサブカル、オカルト要素が強いバンドです。

実際に2018年には「オカルト」という楽曲も発表しました!

ボーカルの大槻ケンヂさんは著書も多く、サブカルが好きな人、バンギャ(V系バンドが好きな女性)などに幅広く支持されています。

妖怪曲こそ少ないですが、以前妖怪漫画でオススメした「うしおととら」のアニメでは2曲もオープニングに使われており、ノリが良く覚えやすく、かつカッコイイ楽曲に仕上がっていました!

妖怪漫画5選【2020年版】妖怪オタク(女)が厳選!面白くておすすめの妖怪漫画5選

オススメの妖怪曲は「混ぜるな危険」「週替わりの奇跡の神話」など。

萌子

因みに前述した人間椅子とコラボして「地獄のアロハ」という曲も出していますので必聴です!

 

妖怪系おすすめ作曲家①:あさき

音ゲー好きな方なら1度は耳にしたことのある名前かもしれません。

コナミデジタルエンタテインメント所属の主にBEMANIシリーズやポップンミュージックなどで活動しているゲームミュージックの作曲家です。

またA応P名義で「はなまるぴっぴはよいこだけ」「君氏危うくも近うよれ」の作詞を担当し、アニメ「おそ松さん」のオープニングに使用されていました。

あさき名義としての楽曲はプログレ調のメタル楽曲が多く、和風ホラーテイストの曲がいくつもあり、展開の読めない曲にぐんぐんと引き込まれていきます。

オススメの妖怪曲は「この子の七つのお祝いに」「ツミナガラ…と彼女は謂ふ」「鬼姫」など

萌子

中毒性があるので、落ち込んでいる時に聴くとさらにどん底まで落ち込む曲も…

 

【番外編】妖怪系おすすめ曲3選

さまざまなバンドやアーティストが妖怪をテーマにしてきましたが、その他にも妖怪をテーマにした曲はたくさんあります。

いくつかオススメを紹介しますので、良かったら視聴してみてください!

モノノケダンス/電気グループ

 

ゲゲゲイの鬼太郎/東京ゲゲゲイ

 

きちゅねのよめいり/-真天地開闢集団-ジグザグ

 

妖怪と言えばおどろおどろしい楽曲を想像する方も多いかと思いますが、実はこんなスタイリッシュで思わず体の動くようなグルーヴ感のある曲も多いのです!

みんなのうたや、子供向け妖怪アニメの主題歌にも良い曲はたくさんあるのでチェックしてみてくださいね!

萌子

個人的には妖怪だってオシャレなのもアリだと思います♪

 

まとめ:妖怪をテーマにした曲は沢山ある。その中から好みの曲を見つけてね!

妖怪をテーマにした曲はまだまだ沢山あります。

自分好みのバンドや音楽を見付けて、色々と想像して楽しみましょう!

余談ですが、私のオリジナル楽曲が化け猫の悲恋をテーマにしている楽曲です。

萌子

機会があれば是非聴いてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA