ホラー大好き女子が解説!おすすめのホラーゲーム傑作4選

おすすめのホラーゲーム4選

皆さん、こんにちは。

スーパーファミコン時代からホラーゲーム大好きの萌子です!

最近は土日の自粛でストレスが溜まっている方も多いかと思いますが、、、

そんな時はゲームで暇つぶしするのはいかがでしょうか?

今回は無類のホラー好きである萌子が、独断と偏見を交えておすすめのホラーゲームを紹介していきます!

萌子

レビュー調にしてあるので是非参考にしてくださいね!

おすすめホラーゲーム①:『夜廻(よまわり)』シリーズ

夜廻

出典:https://nippon1.jp/consumer/yomawari/gallery.php

夜廻(よまわり)の評価
オススメ度
(4.0)
操作性
(3.0)
グラフィック
(5.0)
ストーリー
(5.0)
キャラの可愛さ
(5.0)
恐怖度
(5.0)

2015年10月29日に日本一ソフトウェアからPlayStation Vita用として発売され、爆発的人気となり後にNintendo Switchにも対応した作品。

2017年に続編『深夜廻』が発売され、2019年からはiOS及びAndroid版が配信されてスマホでもプレイ可能になった話題の夜道探索アクションゲームです。

絵本のような可愛らしいデザインやグラフィックに対して、出てくる怪物はリアルで街並みも暗く、さまざまなアイテムを駆使しながら進めるものの、急に出てくる怪物には肝を冷やされます…

ですが、ストーリーが切なく秀逸でクリア後には「そうだったのか…」と何とも言えない気持ちになります。

萌子

問題点は操作や敵の当たり判定がシビアなので、何回ゲームオーバーになってもイライラしない人向けとも言えます。

おすすめホラーゲーム②:『死印』

死印

出典:http://shiin.jp/system/

死印の評価
オススメ度
(4.0)
操作性
(5.0)
グラフィック
(5.0)
ストーリー
(4.0)
どんでん返し度
(5.0)
恐怖度
(4.5)

エクスペリエンスより2017年6月1日にPlayStation Vita版が発売され、その後PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox Oneに移植された都市伝説・心霊ホラーアドベンチャーゲームです。

死へのカウントダウンを意味する謎の痣“シルシ”を刻まれた主人公が、同じシルシを持つ者たち「印人(しるしびと)」と協力して、逃れられない宿命から生き残る術を必死に見つけ出すという内容となっています。

美麗でグロテスクなグラフィックと、計算され尽くしたストーリー、不安や恐怖を倍増させる音楽はお見事です。

萌子

テキストを読んでいき、選択肢を選んでいくだけなので難しいゲームが苦手という方も、真綿で首を絞められるような恐怖を簡単に味わうことのできる一本となっています。

おすすめホラーゲーム③:『ネバーエンディングナイトメア』

ネバーエンディングナイトメア

出典:https://www.jp.playstation.com/games/neverending-nightmares-ps4/

ネバーエンディングナイトメアの評価
オススメ度
(4.0)
操作性
(4.0)
グラフィック
(5.0)
ストーリー
(4.0)
じわじわ度
(5.0)
恐怖度
(5.0)

インフィニタップ・ゲームズが開発したサイコロジカルホラーゲームで2014年9月26日に配信された後、プレイステーション4版もダウンロード販売が開始された作品。

このゲームで1番の恐怖を感じる点は製作者でしょう。

それはこのゲームが、過酷な制作環境や経済的な不安が原因で、持病の強迫性障害とうつ病を悪化させた製作者が体感している世界を再現したものだからです。

絵本のような黒ペンのみで描かれた不気味で美しい世界、考察の余地を残す3つのマルチエンディングは時間という概念を忘れてどっぷりとのめり込んでしまいます。

萌子

同じところをぐるぐる回ったり、どんどんと景色が荒廃していったり、プレイヤー自身も病んでしまいそうになる中毒性が本当に怖かったです。

▼PlayStation Storeが購入できます。
https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0122-CUSA04813_00-NEVERENDINGNIGHT

 

おすすめホラーゲーム④:『サイコブレイク』シリーズ

サイコブレイク

サイコブレイクの評価
オススメ度
(5.0)
操作性
(5.0)
グラフィック
(5.0)
ストーリー
(4.0)
音楽演出
(5.0)
恐怖度
(4.0)

2014年10月23日にベセスダ・ソフトワークスからMicrosoft WindowsとPlayStation 3、PlayStation 4、Xbox 360向けに発売されたサバイバルホラーゲームです。

2017年にはサイコブレイク2が発売され、前作よりも自由度の高いゲームとなりました。

精神世界と現実を行き来しながら、大量死亡事件の謎を解いていくのですが、世界を移動する鏡に近づくと流れ始めるドビュッシーの「月の光」が秀逸!

グロテスクなモンスターや過酷で陰鬱なストーリーで疲れた心をとても癒してくれるピアノの音が「よし、次へ行くぞ!」という気持ちにさせてくれました。

操作は概ねバイオハザードなどと同じようなシステムで難易度も選べますし、2では敵から逃げてやり過ごすことも可能になったので初心者から熟練者まで楽しめます。

萌子

また、ゴアモード(SERO D)をダウンロードすると通常版よりも表現がグロテスクなモードでプレイ可能です。

まとめ:ホラーゲームは奥深し!暇なら自分好みの作品を探してみて

一口にホラーゲームと言っても、さまざまな種類のゲームが選び放題なので自分の好きなテーマ、自分の好きなプレイスタイル、自分の好きな恐怖から選ぶことができます。

是非皆さんも、こちらを参考にしつつ自分好みの一本を見つけてプレイしてみてください。

個人的にはスーパーファミコンや初代PlayStationなどレトロ機種にもホラーの名作は多いと思っていますので、その内ご紹介できればと思います!

また本日オススメしたゲームはすべてYouTubeにプレイ動画が上がっていますので、興味がある方は是非一度ご覧になってみてください。

萌子

良かったら皆さんのお気に入りのホラーゲームも教えて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA