【友人談】予約が取れない有名占い師に見て貰ったら…千里眼の如く言い当てられた話。

茂みからこちらを見つめる女性

こんにちは、たかなし亜妖です。

今回は占い大好きな友人が、超有名な占い師に占ってもらった話を紹介していきます。

予約を取るのが困難な占い師の実力とはいかに…?

たかなし亜妖

占いに興味がある方は、是非参考にしてください〜!

予約の取れない有名占い師A

スケジュール

人気占い師は予約を取るのが困難で、半年〜1年待ちはザラにあるそうです。

テレビなどのマスメディアに出ると一気に予約が急増し、そこからどんどん知名度を上げていく占い師も多いんだとか。

友人が予約した地方在住の占い師もそのケースの方で、県外から足を運ぶ人が後を絶たない程の人気を誇っていたそうです。

実際に友人もはるばる地方まで赴き、半年待って有名占い師Aさんの元へ向かいました。

運よく土日に予約がとれたそうですが、その日は自分以外にも占ってもらう予定の人がびっしりだったそうです。

「せっかく半年も待ったのだから!」と気合十分、全体運と今後の仕事について尋ねたそうなんですが…。

千里眼を持つと言われる占い師Aの診断

見つめる女性

Aは友人を占って、一言警告を促したのです。

「あなた、体に気を付けなさい」

占いの結果、友人の体に疾患が出る、恐らくそれは盲腸、そして婦人系の病気だという暗示が出ているそう。

時期もきちんと教えてもらい、病院で検査を受けろと強く勧められたそうです。

その時友人は「この人病院の先生?」と思ったそうですが、黙って話を聞くことにしました。

「あなた、ご家族でも最近手術した人がいるわよね?」

占い師の断定的な物言いに友人も戸惑いを隠せません。

なぜなら友人の父親は数か月前にガンの手術をしたばかりだったからです。

いま彼女の身の回りには、病魔の危険性が潜んでいるとのことでした。

占い師Aの言いつけを守らず…病気発症&入院の事態に。

点滴

「必ず検査には行きなさいね」それが占い師の言葉でした。

ですが、友人は言いつけを守るのをすっかり忘れ、検査には結局行かなかったそうです。

しかしそれが、悪夢を引き起こします。

占ってもらった約半年後、友人は盲腸で入院しました。

病名は急性虫垂炎幸いすぐに完治したのですが、その時占い師の言うことを聞けば良かった…と後悔の念に駆られたそうです。

しかし悪夢は病まず、虫垂炎が治ったすぐ後に子宮筋腫を発症。

子宮筋腫とは良性の腫瘍ですが、場合によっては悪い方向へ進んでしまう恐ろしい病気なのだとか。

しばらく経過観察の処置となりましたが、「病魔が自分の周りに蠢いている」恐ろしい感覚に苛まれたようです。

この時、有名占い師の言い当てはホンモノだ…と心の底から実感したそうです。

有名占い師Aの実力は想像以上のものだった

千里眼

流石は予約待ちが続く有名占い師、実力は予想をはるかに上回るものでした。

やはり「当たる」と話題となっている人はすごいですね。

他にも「転職は成功する」と言われて思い切って会社を変えたらキャリアアップできた、などのエピソードもあるそうで。

恋愛関係の話でも「今付き合っている男は良くない」と的確な助言をいただけるようです。

実際に占ってもらうまで時間がかかるというデメリットはありますが、それでも人気が絶えないのは素晴らしい占いを施している証拠だと言えるでしょう。

まとめ:有名占い師Aの千里眼はとにかくすごかった!

今回は、友人の実体験を元に有名占い師Aさんについて紹介してきました。

メディアにも多数出演している有名な方なので、私もいずれ予約を入れてみようと思います。

その際には今後の仕事運と健康面を見てもらいたいですね。(先生の指示は絶対守ります…!)

たかなし亜妖

知人からこういうリアルな実体験を聞くと無性に興味が湧いてきますよね。

いつ受けられるかは分かりませんが、今から非常に楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA