【悩みがあって辛い人へ】
誰かに相談して心を守って

【占い師が解説】私(萌子)のタロット占いの方法と鑑定事例をご紹介!

タロット占い

皆さん、こんにちは!

ひっそりと占い師のお仕事もしている萌子です。

突然ですが、皆さんは占いって信じますか?

中には「そんなもの信じないよー」という方も大勢いらっしゃると思います。

今回はそんな方も驚いた「萌子の占い」についてお話ししていきますね!

萌子

占いに興味がある方は、是非ご一読ください〜!

そもそも占いって?

占いは大きく分けると3つの占術があり、基本的に「命」「卜」「相」の3種類に分けられます。

それぞれについては以下で詳しく解説していきますね。

その1:「命(メイ)」

星座盤

「命(メイ)」はその字の通りに運命や宿命などを占うものです。
生年月日や生まれた時間、場所などによって、その人の生まれ持った性格や気質、人生の流れや傾向などを見ていきます。

占術としては、

  • 四柱推命
  • 西洋占星術
  • 中国占星術
  • 数秘術
  • 0学占い
  • 六星占術

などが挙げられます。

 

その2:「卜(ボク)」

おみくじ

時間、事象、方位などを基本にして占い、人が関わりあう事象や事件について占います

占いで出た内容をシンクロニシティさせ、ある意味では偶然や気運、時に霊感などを利用して占う占術です。

片仮名の「卜(ボク)」の字は遥か昔、亀甲占いをした際の割れ目を模した象形文字だと言われており、占いの「占」も同じ系列に属していると言われています。

占術としては、

  • タロットカード占い
  • オラクルカード占い
  • 易占い
  • ルーン占い
  • 水晶占い
  • 花占い
  • ダウジング
  • おみくじ

などが挙げられます。

 

その3:「相(そう)」

手のひら

目に見えるもの、姿や形、事象や環境からその人への影響や今後を占っていく占術で、身近なものも多い占術だと思います。

占術としては、

  • 手相占い
  • 人相占い
  • 姓名判断
  • 風水
  • 家相
  • 夢占い

などが挙げられます。

 

私の占術は「タロット占い+α」

占いセット

私は主にタロット占いを選んでいるのですが+αで占っています。

それは「勘」です。

もっとスピリチュアル的に言うと「霊視」だと言う人もいます。

しかし、それは大袈裟に感じてしまうので敢えて「勘」と伝えています。

それともう一つ、タロットカードも持つ意味がさまざまなのでここは文筆家として「物語を組み立てる」能力を使っています。

例えば「悪魔」のカードってもう悪い意味でしか捉えられないイメージなのですが「不可能なことに挑戦していく」など前向きな意味も含まれています。

なので例え総合診断の場に悪魔のカードが出たからと言って悪いことばかりではありません。

他のカードと組み合わせて結果の物語を作っていくのです。

 

タロット占いの中でも私が使っているのは十字上に5枚のカードを置いて占う「クロススプレッド」と、渦巻き状に18枚のカードを置いて占う「エディスプレッド」。

軽い占いならクロススプレッドで、確信に迫りたい時はエディスプレッドで占っています。

占術の種類だけでなく、その占術内でも色々なバリエーションがあるので占いは本当に面白いです。

▼こちらがクロススプレッド。

クロススプレッド

▼こちらがエディスプレッドになります。

エディスプレッド

 

萌子の占いはどの程度当たるの?

占いの的中率というのは測れるものではありませんが、今まで当ててきたものの例を紹介すると、

  • 依頼者の本名を当ててしまう
  • 依頼者の今いる状況を当ててしまう
  • 今後する予定だったことを当ててしまう

などが多いです。

特にペンネームや屋号、ショップ名を付けて欲しいというご依頼がよくあるのですが、

例えばショップ名の名付けでキーワードが小さいもの、自然のもの、丸いものとカードで出てきたとします。

そこで、そのキーワードから連想して「Noyer(ノワ)」フランス語でくるみはどうかと尋ねると依頼者の本名が「くるみ」さんだったというようなことが多数ありました。

それこそ、普遍的ではない名前ですら当ててしまったこともあります。

また一言占いで「何月頃は後悔のない生活を」と告げた時には、依頼者の祖父の余命が宣告されたこともありました。

ですが、対面占いが苦手でお会いして占って欲しいというご依頼が来てもお断りさせて頂いております。

というのも凄く人見知りなもので、近くに人がいると占いに集中できないからです。

萌子

なので精度を上げたい時は1人でひっそり占いをしています。

 

占いって胡散臭い?気をつけるべき占者の特徴

確かにそういう方法もあります。

例えばよくあるインチキ透視として挙げられる手法で、

「あなたの最寄駅の近くに蕎麦屋さん、そば、中華そばだとラーメン屋さんかも、どちらかありませんか?」

という質問、こんなのは田舎の駅でない限りは大体ありますよね?

「あなたの親戚でここ数年で亡くなられた方は?」

これも30代以降の方に質問すれば、概ね誰か1人くらいは思い当たる人物が出てくるかと思います。

こういった大体誰にでも当てはまるような質問や結果を出してくる占者はあまり信用しないほうが良いかもしれません。

「うーん、そうかな?ここは当てはまるけど半分以上は違うな」と思う結果の場合は占者と相性が悪いか、こういう胡散臭い占いかのどちらかの可能性が高いので、サクッと占者を変えるのもひとつの方法です。

 

まとめ:占いの世界は面白い!興味がある方はぜひやってみて

「占い」は依頼しても、自分でやってみても楽しい代物です。

数ある占術の中には習得するのに長い年月が掛かるものもありますが、今回紹介したタロット占いのように手軽に始められる占術も数多くあります。

巷では怪しいレッテルが貼られている占いの世界ですが、そのドアを一つ開けてみると楽しくて奥深い世界が広がっています。

興味がある方は占いを受けるだけでなく、ご自身でやってみるのもおすすめですよ!

萌子

さぁ、あなたも占いの世界に足を踏み入れてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA